公益社団法人千葉県獣医師会
獣医師会について 病院紹介 ペット関連情報 福祉介護犬 畜産動物情報 野生動物情報 公衆衛生 イベントのお知らせ 会員専用ページ
獣医師会について
写真
感染症について

 感染症について詳しくは
 こちら

 →国立感染症研究所
猫ひっかき病

 猫ひっかき病(バルトネラ病、cat scratch disease)とは?
 猫に咬まれたり、引っ掻かれたりした後に、発症し、数日後にリンパ節の腫脹がみられる病気で、稀に脳炎を併発することもあります。原因はバルトネラ菌です。病原体を持っている犬、猫や、ノミから感染することもあります。発生は7月から12月に多く、ノミの発生時期と深い関わりがあるようで、アメリカでは年間4万人の発生が報告されています。日本でも最近この病気が知られてから、報告例が増加傾向にあります。


1.病原体
バルトネラ菌
Bartonella henselae
猫ノミが媒介する細菌で、
猫の5〜20%が保有しています。

2.人への感染源となる動物
犬、猫
猫ひっかき病
バルトネラ菌
バルトネラ菌
日本大学 生物資源科学部 獣医学科
獣医公衆衛生学教室 丸山 総一 先生提供
ネコノミ
ネコノミ
サエキベテリナリィ・サイエンス
佐伯 英治 先生提供
バルトネラ症の1例
バルトネラ症の1例 
http://www.bayer-pet.jp/pet/zoonosis/kansensho/catscratch.html より

3.症状
1) 数日から 2 週間の潜伏期間の後、受傷した部分の丘疹、膿疱、発熱、疼痛等、数週間から数ヶ月続くリンパ節の腫脹がみられます。稀に、脳症を併することもあり(0.25%)、リンパ節腫脹の1〜3週間後に突然のけいれん発作、意識障害として発症します。
 その後、突然の視力障害を発することから眼科医により本症が発見されることもあります。

2) ペットの場合
 一般に、犬、猫が感染してもはっきりした症状は現れません。

4.感染経路
 犬、猫による咬傷、引っ掻き傷からの感染や感染ノミによる咬刺からの感染があげられます。

5.治療
 軽度のリンパ節腫大では自然治癒を待ちますが、痛みがひどい場合は医師に相談してください。
 
6.予防
 猫、犬の爪は常に切っておくようにしてください。
 動物を過度に興奮させて引っ掻かれたり、咬まれたりしないようしましょう。
 ノミの発生防止につとめましょう。
 動物に咬まれたり、ノミに刺された場合は消毒を完全に行い、腫れ、痛みなどの感染の可能性があれば、医師に相談してください。 

※ペットでの媒介昆虫であるノミの定期的な駆除により、本菌の動物間での循環サイクルを断ち切ることができるので、ノミ駆除が一番の予防です。

狂犬病高病原性鳥インフルエンザウエストナイル熱(脳炎)重症急性呼吸器症候群(SARS)パスツレラ症猫ひっかき病ブルセラ病レプトスピラ症真菌感染症
エキノコックス症回虫症ツツガムシ病オウム病Q熱疥癬(かいせん)カンピロバクター症クリプトスポリジウム症野兎病サルモネラ症土壌病(炭疽、破傷風)トキソプラズマ症日本脳炎結核腸管出血性大腸菌症

 

トップぺージに戻る
Copyright (C) 2002- by Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.