公益社団法人千葉県獣医師会
獣医師会について 病院紹介 ペット関連情報 福祉介護犬 畜産動物情報 野生動物情報 公衆衛生 イベントのお知らせ 会員専用ページ
獣医師会について
写真
感染症について

 感染症について詳しくは
 こちら

 →国立感染症研究所
パスツレラ症

 パスツレラ症とはパスツレラ菌の感染により、30分〜2日で皮膚症状、呼吸器症状の出る病気です。保有率は非常に高く、犬の約75%、猫の約100%が口腔内常在菌として保有していますが、今までこの感染症の存在は、ほとんど知られていませんでした。咬まれたり、引っ掻かれたりしたあと、傷ができたところが腫れ、化膿する症状が主で、最近の調査では、呼吸器系の疾患、骨髄炎、外耳炎等の局所感染、敗血症、髄膜炎等の全身重症感染症、さらには死亡例も出ています。高齢者、糖尿病患者、免疫不全患者等の基礎疾患を持つ人が特に感染しやすく、重症化の例も多く視られます。
 しかしながら、この病気は口移し等の過剰な接触を行わないこと、動物からの受傷に気をつけることにより防止できます。


1.病原体
パスツレラ属菌
Pasturella multocida(代表菌種)     
P. canis
P. dagmatis
P. stomatis
以上の4種が起因菌として確認され、犬、猫の口腔内に常在しています。
どんな猫でも必ずパスツレラ菌をもっています。
どんな猫でも必ずパスツレラ菌をもっています。
パスツレラ属菌
パスツレラ属菌
日本大学医学部臨床検査医学
教室・荒島康友 先生提供

2.人への感染源となりうる動物
  犬、猫、鳥類
※他の感染症にはないほど高い保有率のため、ペットオーナーが最も注意しなければならない感染症です。

3.症状
  高齢者、糖尿病患者等の抵抗力の弱い人の、日和見感染による発症が多くみられています。
  1)呼吸器症状
    人のパスツレラ症の約60%を占め、喘息、結核、悪性腫瘍等の 疾患
   がある場合に、発症しやすく、くり返し発症することがあります。軽い
   風邪の様な症状から、重篤な肺炎までみられます。
  2)皮膚症状
    パスツレラの約30%を占め、犬、猫に咬まれたり、引っ掻かれたりし
   たあと、約30分から2日で受傷部に激痛、発赤、腫脹を起こし、フレグ
   モーネ(蜂窩織炎)となることが多く、免疫不全等の基礎疾患がある場
   合は重症化し、骨髄炎、敗血症となることもあります。
 3) ペットの場合
    一般に、犬、猫が感染してもはっきりした症状は現れません。
   まれに猫で肺炎や化膿した皮膚病になることがあります。
パスツレラ症状
パスツレラ症の1例
日本大学医学部臨床検査医学教室・荒島康友 先生提供

4.感染経路
 経口、経皮感染等の直接感染で、媒介昆虫などはありません。犬、猫に咬まれたり、引っ掻かれたりした傷よりから感染します。口移しなどで餌を与える等過剰なスキンシップによる経口感染によりますが、飛沫感染も稀にみられます。

5.治療
 抗生物質が有効ですので、医師に相談してください。

6.予防
 健康に負荷のある人(糖尿病、肝障害、免疫不全等の基礎疾患)は過剰な接触をさけましょう。
ペットを寝室に入れない。猫の爪はこまめに切りましょう。
口移し等の過剰なスキンシップはさけましょう。
犬、猫が原因としての受傷があった場合は必ず消毒を徹底し、感染の可能性があれば医師に相談しましょう。

※猫は特に室内飼育をすることにより野外での感染の防御が完壁にできます。

狂犬病高病原性鳥インフルエンザウエストナイル熱(脳炎)重症急性呼吸器症候群(SARS)パスツレラ症猫ひっかき病ブルセラ病レプトスピラ症真菌感染症
エキノコックス症回虫症ツツガムシ病オウム病Q熱疥癬(かいせん)カンピロバクター症クリプトスポリジウム症野兎病サルモネラ症土壌病(炭疽、破傷風)トキソプラズマ症日本脳炎結核腸管出血性大腸菌症

 

トップぺージに戻る
Copyright (C) 2002- by Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.