公益社団法人千葉県獣医師会
獣医師会について 病院紹介 ペット関連情報 福祉介護犬 畜産動物情報 野生動物情報 公衆衛生 イベントのお知らせ 会員専用ページ
獣医師会について
写真
感染症について

 感染症について詳しくは
 こちら

 →国立感染症研究所

サルモネラ症

 サルモネラ症は、サルモネラ属菌の感染により腸炎などを起こす病気です。
 肉や卵の食中毒の原因菌として知られていますが、それ以外にも、ペットのハ虫類(ミドリガメ、イグアナ等)が原因となって、小児や高齢者が重篤な感染症にかかる例が報告されています。特に輸入したての小さなカメは無症状で保菌していることも多く、注意が必要です。

・

1.病原体
 サルモネラ属の菌には2500種類以上の血清型が存在し、河川、下水、土壌などの自然環境に広く分布しています。牛、豚、鶏などの家畜で10〜30%、イヌやネコで3〜10%、カメでは50〜90%が感染しているという報告があります。乾燥や低温に強く、土壌中で数年間生存し、冷凍しても完全には不活化しません。
 このように自然界のあらゆるところに生息し、その一部が人に病原性を示します。

サルモネラ菌  
Salmonella Enteritidis の電子顕微鏡写真(IDWR)  

2.感染経路
 汚染された食品や手指等から、菌を経口摂取することにより感染します。

3.症状
 ヒトが感染すると、通常8〜48時間で腹痛、下痢、発熱が起こり、重症になると粘血便を排泄します。免疫力の落ちている人が感染すると重症化し、死亡することもあります。
 菌が増殖しやすい7〜9月に発生が多いといわれています。
 動物では無症状のことが多く、体力が低下した時などに下痢を起こすことがあります。  

4.治療
 補液等の対症療法や、必要に応じて抗菌薬の投与が行われます。

5.予防
 動物に触ったり、飼育ケージの掃除等をした後は、よく手を洗いましょう。
 小さいお子さんは抵抗力が弱く、手を口に入れたりすることも多いので、ペットとしてハ虫類を飼う場合は、飼育知識のある大人による十分な管理が必要です。
 水棲カメは頻繁な水換えが必要で アメリカではサルモネラ症感染防止の見地から、甲長4インチ未満の小型カメの商用販売が禁止されています。

狂犬病高病原性鳥インフルエンザウエストナイル熱(脳炎)重症急性呼吸器症候群(SARS)パスツレラ症猫ひっかき病ブルセラ病レプトスピラ症真菌感染症
エキノコックス症回虫症ツツガムシ病オウム病Q熱疥癬(かいせん)カンピロバクター症クリプトスポリジウム症野兎病サルモネラ症土壌病(炭疽、破傷風)トキソプラズマ症日本脳炎結核腸管出血性大腸菌症

 

トップぺージに戻る
Copyright (C) 2002- by Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.