公益社団法人千葉県獣医師会
獣医師会について 病院紹介 ペット関連情報 福祉介護犬 畜産動物情報 野生動物情報 公衆衛生 イベントのお知らせ 会員専用ページ
獣医師会について
写真
感染症について

 感染症について詳しくは
 こちら

 →国立感染症研究所

トキソプラズマ症

 トキソプラズマ症は、トキソプラズマ原虫の感染によっておこる動物由来感染症です。 人を含めた多くの哺乳類や鳥類に感染することが知られており、日本国内では成人の10%前後が感染しているという報告もあります。
 感染した場合、無症状〜軽度のインフルエンザ様の症状を呈した後に回復することがほとんどですが、免疫不全状態の人では、症状が再発したり、重症化することがあります。
 そのため、後天性免疫不全症候群(エイズ)や免疫抑制剤投与中の患者における主要な疾病の一つになっています。
 また、めん羊、山羊、豚、いのししのトキソプラズマ病は、家畜伝染病予防法により届出伝染病に指定されています。

・

1.病原体
 トキソプラズマ原虫(Toxoplasma gondii)は、ネコ科動物を終宿主とする寄生性単細胞生物で、宿主となる動物種や感染ステージ、免疫状態等により、
@増殖型(タキゾイト) Aシスト B腸管型(オーシスト) の異なる3つの形態を取ります。

図1.三日月型を呈する増殖型原虫,ギムザ染色 @増殖型(タキゾイト): 感染初期や発病期に見られます。 4〜7μmの三日月形をしています。 寄生した細胞内で分裂を繰り返し、急激に増数します。
図1.増殖型原虫 ギムザ染色
(動物衛生研究所 志村亀夫先生 提供)
 

図2.脳内にできたシスト,ギムザ染色 Aシスト: 慢性期に見られます。 直径10μm程の丈夫な壁に包まれており、内部に多数の緩増虫体(ブラディゾイト)を含みます。
図2.脳内にできたシスト ギムザ染色
(動物衛生研究所 志村亀夫先生 提供)
 

図3.胞子形成オーシスト

B腸管型(オーシスト):
ネコ科動物の腸管内で有性生殖により作られます。
直径10〜12μmのだ円〜球形で、土壌等の自然環境中で数カ月以上生存します。

図3.胞子形成オーシスト
(動物衛生研究所 志村亀夫先生 提供)
 

2.生活環
 胞子形成オーシストが体内に入ると、オーシストから出てきた原虫は増殖型原虫となり、さまざまな細胞内で増殖します。
 感染後数週間たつと、増殖型原虫は宿主側の免疫によって減数し、シストが形成されます。シストは厚い壁に包まれており、脳や筋肉中で長期間生存します。  
  シストが別の動物に食べられると、シストから出てきた原虫が増えて、新たな宿主の体内でシストを作るということが繰り返されます。  
  ネコ科の動物が初めて感染した場合のみ、原虫は有性生殖を行い、糞便中にオーシストを排出します。オーシストは環境中で数日をかけて発育し、感染力を持つ胞子形成オーシストになります。

3.症状
 ヒトを含む多くの動物が不顕性感染ですが、幼令や免疫機能が低下している個体では、重篤な症状が出ることがあります。
 発症した場合、急性期には、リンパ節の腫脹、高熱、悪寒等の風邪様症状に始まり、感染箇所によって髄膜脳炎、肝炎、肺炎、心筋炎などを呈し、多種多様な病態を示します。
 脳炎になると、半身の脱力、言語障害、頭痛、錯乱、痙攣発作などの神経症状が現れます。
 ヒトの先天性トキソプラズマ症は、母体が妊娠の6ヶ月前〜妊娠中に初めてトキソプラズマに感染した場合、まれに胎盤を経由して胎児が感染し、発症するものです。症状は、脈絡網膜炎(失明に至る眼の炎症)、肝臓や脾臓の腫大、黄疸、痙攣、水頭症、頭蓋内石灰化、精神遅滞、死流産等です。
 胎児の発症率は、母体の感染が妊娠後期になるにつれて高くなります。妊娠初期では、胎児へ伝染するリスクは低くなりますが、万一感染した場合の症状は重くなります。

4.予防
 オーシスト(放置されたネコの糞便や土壌等)と、シスト(主に豚生肉及びそれを扱った手指、まな板、包丁等調理器具)を口から摂取することが主な感染源です。
 予防対策としては以下のことが推奨されています。特に免疫力が弱っている人、妊娠前あるいは妊娠の可能性がある人は十分注意が必要です。

(1) 肉(内臓を含む)はよく火を通す。
(2) 果物や野菜は食べる前によく洗う。皮をむく。
(3)生肉や洗っていない野菜に触れた手、まな板、食器、調理器具等はよく洗う。
 (肉用のまな板は他のものと分ける)
(4)ガーデニング等、土に触れる作業には使い捨て手袋を着用し、作業後はせっけんと温水で手をよく洗う。

* ネコを飼っている方へ
 外に出るネコの場合は、ネズミや鳥を捕食することでシストを取り込んだり、オーシストを含む土壌等を舐めてしまうことにより、感染することがあります。
 ネコは室内で飼い、市販のキャットフード(缶詰、ドライフード等)を与え、加熱不十分な肉は与えないようにしましょう。
 また、糞便中に排出されたオーシストが感染力を持つには1〜5日かかりますので、トイレの糞便はすぐに片づけるようにしましょう。(妊娠中はなるべく他の人にやってもらうようにするか、使い捨て手袋を装着する。)
 ネコがオーシストを排出する期間は、生涯の内一回限り(初めて感染した後の数週間)に限られます。トキソプラズマ症の予防という観点からは、妊娠しても現在飼っているネコを手放したり、隔離したりする必要はありません。

狂犬病高病原性鳥インフルエンザウエストナイル熱(脳炎)重症急性呼吸器症候群(SARS)パスツレラ症猫ひっかき病ブルセラ病レプトスピラ症真菌感染症
エキノコックス症回虫症ツツガムシ病オウム病Q熱疥癬(かいせん)カンピロバクター症クリプトスポリジウム症野兎病サルモネラ症土壌病(炭疽、破傷風)トキソプラズマ症日本脳炎結核腸管出血性大腸菌症

 

トップぺージに戻る
Copyright (C) 2002- by Chiba Veterinary Medical Association All rights reserved.